介護が必要になったら要介護認定を受けましょう

介護が必要になったら要介護認定を受けましょう

時代の変化と共に日本においては超高齢化社会を向かえ、2000年から始まった介護保険制度は、なくてはならないもので、かつ重要な制度として定着しつつあると言えます。

昨今65歳以上の人は日本の総人口の大半を占めていると言っても良い位、多くの人が居て、今後僅かな若者で、高齢化社会を支えていく事が想定されると言われています。

実際介護が必要になるとそれぞれの形態によって、介護を支援するシステムを日本は存在させ、要介護認定を受ける必要性があると言われています。個人的な判断ではなく専門家による判断が重要と言えるそうです。

7段階ある要介護認定

介護保険の保険給付を受けるには要介護認定を受ける必要があり、全7段階である要支援1、要支援2、要介護1から要介護5までの介護度を判定し、その後申請を受けて要介護の認定を受けるといった流れになっているそうです。

また認定を受けるまでに申請の期間として、新規の申請であればおおよそ6ヶ月が標準の要介護認定の有効期間としていて、更新申請で長いものであれば一年位かかる事が標準な要支援、要介護もあるそうです。介護が必要になったら早目に相談する事が良いといえます。

要介護認定とは?

要介護認定とは、介護の必要な人は介護保険制度を利用して使えるサービスで、そのサービス内容として段階応じて料金も変わります。

介護保険制度を予め具体的な内容を知る事によって、様々な出来事に早めに対応するためにも重要で大切と言えます。介護が必要になった時には、ケアマネジャーに相談する必要があると言われています。

介護とは現在において、国のサービスの一つとして存在しています。サービスの提供者も数多く存在し、また様々な一般の業者が参入しているため、この提供者についても選択する必要が利用者にはあると言われています。

特にサービスを提供する業者における形態については在宅であったり、施設であったりと様々で、それぞれ決定し利用する流れになっているそうです。

サービスの内容についても介護レベルが重要で、利用する側の提示が必要になるため、ケアマネジャーとの主体的な連携ある行動が、必要があるといわれています。

要介護認定を受けることで介護サービスが利用できます

在宅介護を行う上で、介護サービスを使いたいと考えた場合、1割負担でサービスを受けるためには介護認定を受けて、要支援、要介護という認定をもらうことが大事になってきます。

まずはそれを受けるためには、市役所の介護保険課に本人や家族、もしくはケアマネジャーに申請を代行してもらって、書類を出します。

この書類の提出によって、状態を聞き取りをしたり確認するために委託されているケアマネジャーが自宅や病院などを訪問して、本人や家族の意見を元にして書類を作成します。

その書類とかかりつけの医師からの主治医の意見書を元にして、介護サービス審査会が開催をされて、そこでそれぞれの人がどの認定に当てはまるかということを決めます。

要介護認定を申請したからといったすべての人が要支援、要介護状態に当てはまるわけではありませんし、まだまだ自分でできるだろうと判断されて自立の認定を受けた場合にはサービスを介護保険によって利用することはできません。

要介護認定を受けることで介護度によって上限が違いますが、在宅生活をする上で必要なサービスを1割負担で受けることができるので、介護が必要だと感じる人は認定を受けてみることが大事です。

介護認定は一定期間で更新をする必要がありますし、状態が変わったなと思う時にはその時点で再び認定を受け直すこともできます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です