理不尽な業務命令、サービス残業、上からの強い口調…社員を大切にしない経営者が介護業界をダメにしている

理不尽な業務命令、サービス残業、上からの強い口調…社員を大切にしない経営者が介護業界をダメにしている

いくら給与が良くても人間関係が良くても、介護施設を経営する企業や法人が職員の扱い方に問題があれば、辞めていく人もいるでしょうし、ストレス発散のために入居者及び利用者に虐待という残念な結果を生み出してしまいます。どの会社もそうですが、社員がいなければ会社は動きませんし、組織も成立しません。したがって、社員や職員を大切にできない施設の経営者は意識を改めるべきです。

ギリギリの職員配置

企業が参入してきて、本来は非営利目的な施設運営のはずなのですが、そこはある程度の利益が見込まれなければ企業も参入してきません。また、企業参入により既存の施設も便乗するかのように「おもてなし」精神で構える施設が増えたような気がします。それは良いことなのですが、一番しわ寄せがくるのが介護職員です。ギリギリの人数でローテーションを組み、突然の休みに代わる職員の手配もできないほど切迫した状態で運営しているのが実情です。

つまり、50名を普段3名で夜勤をしている場合、一人が突発に休めば2人で50名を見ることになります。まして、夜勤などは何が起きても不思議ではありません。かなりリスクが大きいといえます。また、このような事で職員同士の人間関係も円滑にいかなくなります。

介護以外の業務が多過ぎる

当然のことながら、介護職員は介護以外にも多くの業務をこなしています。それは、共有スペース・居室・トイレの清掃、ベッドメイク、消耗品の補充や発注、ゴミ集め、タオルの交換、レクリエーション、行事の準備、家族へのお便り、記録など、細かい仕事を上げればキリがありません。

サービス提供の質の低下

その雑用の最中にも、介護の仕事は行うことになります。呼ばれるのが一人であれば直ぐに応対できますが、同時に何名もとなると瞬時に優先順位を決めて行動しなければなりません。それには、入所者様の状態を把握しておく必要があります。つまり、手当たり次第に介護すれば良いというわけではありません。

時には、「ちょっと待ってて下さい」という事もあります。本来ならば使ってはいけない言葉です。高齢者の方は、介護職員に面倒をかけることも申し訳ないと思っています。しかし、それでもナースコールを押したり、声をかけてくるということは、もう少しも待つ余裕のない状態と判断できます。急げば介護の質の低下につながり、事故につながるケースもあるでしょう。職員に余裕がない状態で動き回っていたら、見ている入所者の方も気持ち的に忙しないことでしょう。

まとめ

介護業界は役所などとも深く関わっており、良い評判はジワジワとですが、悪い評判はアッという間に広がっていきます。その施設を利用している高齢者の方にもご家族がいらっしゃいます。もちろん、面会に頻繁に来る方もいらっしゃいますし、そうでないご家族もいます。しかし、ご家族は細かいところまで、よく見ています。大事な家族を預けているのですから、当然のことです。このようなことからも、口づてで評判は広がっていくのです。

関連リンク:介護事業の労働トラブル防止・処理

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です